死亡保障の選び方・最終整理資金

 最終整理資金について考えます。これには葬式の費用、ローンなどが含まれます。

 葬式の費用ですがデータによると約350万かかるということです。しかし葬式の費用もその家庭により違いがでると思います。1つの例として参考にしていただければと思います。

 ローンですが家のローンについては団体信用生命保険(団信)に加入されている場合は死亡保障に入れなくて大丈夫です。団信はローンを組んだ人(たいていはご主人ですよね)が死亡または高度障害になった場合ローンの返済をしなくてよくなるものです。生命保険金を返済にまわす仕組みです。

 ここで考えたいローンは車のローン、その他借入金などです。もちろん団信に加入されていないなら家のローンも考慮にいれます。万が一の場合残された家族のためにも用意しておきたいものです。ローンなどの返済金も毎年変わるはずです。1年定期で用意するなら効率的に死亡保障を用意できます。


保険の無料資料請求なら
posted by hiro at 11:44 | 死亡保障の選び方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。