生命保険と税・相続税

 相続税の課税対象となるのは契約者と被保険者が一緒で保険金受取人が相続人の場合です。保険金受取人が法定相続人ではない場合は非課税の特典がなくなります。

 例
  
  契約者 夫 被保険者 夫 受取人 妻 (特典あり)

  契約者 夫 被保険者 夫 受取人 法定相続人以外 (特典なし)


 生命保険における相続税の特典は

   500万円×法定相続人の数=非課税の金額

 となります。こうした点を考慮すると死亡保険金は相続人が受け取るほうが税法上有利になるといえるでしょう。

 相続税全体の課税金額の算出は少し複雑です。生命保険の保険金(特典による控除後)を含め被相続人が遺した相続財産を相続人それぞれが相続したもの(それぞれの課税価格)を合わせます。その遺産から基礎控除額を引きます。

 基礎控除額=5000万円+1000万円×法定相続人

 遺産から基礎控除額を引いた額は課税遺産総額になります。課税遺産総額を法定相続分に応じて按分します。分けた金額はそれぞれの仮の相続税額になります。それぞれの相続税額から速算控除額(相続税課税額により異なります)を引きます。それぞれの速算控除額を引いた額を合わせます。それが相続税総額です。

 次に各相続人の負担率を出します。それぞれの課税価格(相続したもの)を課税価格総額で割ります。すると相続人それぞれの負担率が出せます。相続税額総額を負担率でかけると各人の相続税額が算出されます。税額控除があればそれぞれ引かれ、相続税を支払います。

保険の無料資料請求なら
posted by hiro at 11:27 | 生命保険と税
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。