生命保険会社について・生命保険会社を選ぶ指標(ソルベンシー・マージン比率)

 ソルベンシー・マージン比率とは大震災や株の暴落など予測できない事態に対応できる支払余力をどのくらい有しているかを判断するための指標のことです。数値が高ければ高いほどリスクに対応する力を持っていることになります。

 このソルベンシーマージン比率が200%を下回った場合金融庁長官から改善命令がだされます。ソルベンシー・マージン比率200%が判断の基準とはなりますが、200%を超えても破綻する生命保険会社もでてきたため基礎利益という指標もだされました。

 基礎利益は1年間の保険本業の収益率を示す指標の1つで、一般の会社でいう営業利益のようなものです。保険本業とは収納した保険料や運用収益から保険金や給付金などに支払ったり、将来の支払いに備えて責任準備金を積み立て、運用することをいいます。

保険の無料資料請求なら
posted by hiro at 13:01 | 生命保険会社について
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。