生命保険商品について・保険商品のしくみ(主契約)

 保険商品について、今回は特に主契約について書きます。

 死亡保険を主契約にした場合、定期なのか終身なのかで対応は変わります。

 定期の場合は最終的に保険契約そのものがなくなることになりますから特約で医療保障を組み込むのはおすすめではありません。

 終身の場合は解約や支払い事由が起きない限り保険契約は続くので特約で医療保障をつけることもできます。

 中には死亡保障は終身ではいらないという方もいらっしゃると思います。そういう場合は死亡保険は定期で主契約だけの保険に加入するといいと思います。もちろん医療保障がないので医療保険に加入する必要があります。

保険の無料資料請求なら
保険比較の「保険市場」


 次に医療保険ですがこれにも主契約が定期のものと終身のものがあります。

 定期の医療保険はあまりおすすめできません。たしかに保険料は安いです。しかし必要なときに契約満了になり保険がなくなる恐れがあること、後で切り替えたいと思ったとき病気をしていると加入できない恐れがあることです。そうしたことも考慮に入れて保険を選ぶことができます。

 医療保険の終身はおすすめです。医療の主契約に特約をつけて医療保障を充実させることができます。また特約で死亡保障をつけられる保険商品もあるようです。

 こうした点を考慮にいれて保険商品を選ぶことができます。

保険の無料資料請求なら
posted by hiro at 10:59 | 生命保険商品について
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。