生命保険の種類・変額個人年金保険について

 変額個人年金保険についてです。これは字にあるとおり受け取る年金の額が運用しだいで変化するものです。投資性が強いものです。また保険料は一時払(一括)が多いです。ある程度まとまったお金が必要になります。

 生命保険会社に預けた保険料をファンドといわれるもので積極的に運用します。株や国債によって運用するのですが、どの株で運用するのかは決められません。しかし株の運用の割合を決められます。ただし、その商品に決められた割合です。そして商品によっては契約後にも株の運用の割合を変えられるものもあります。(スイッチングといいます※手数料がかかる場合があります)

保険の無料資料請求なら
保険比較の「保険市場」


 これは生命保険です。運用期間中に亡くなった場合死亡給付金を受け取れます。そしてもちろん最低保証額があります。
 
 しかし解約返戻金、年金原資は最低保証はありません。それでも年金原資は最低保証する商品もあります。ただ覚えておかなければならないのは個人の責任で加入する、ということです。保険商品ですが投資性が強い商品です。もちろん損害を被ることもありえます。ですから生活費すべてを投入するのではなく計画性を持って加入されることをおすすめします。

 受け取り期間については定額年金保険と同じです。しかし一時払による受け取りも最近ではあるようです。恐らく年金としてというよりも受け取りに最低保証のある商品もあるので、安全な投資の手段としての流れを受けてなのかなと個人的には思っています。


保険の無料資料請求なら
posted by hiro at 11:56 | 生命保険の種類
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。