生命保険の種類・養老保険について

 養老保険についてです。養老保険は貯蓄と保障が組み合わさったものです。

 例えば30歳の時に60歳に満期を迎える1000万円の養老保険に加入したとします。30歳から60歳になるまでつまり満期になるまで(保険の契約期間が終わるまで)に亡くなった場合は1000万円を保険金受取人が受け取れます。そして満期まで生存した場合にも1000万円を契約者が受け取れるという保険です。

保険の無料資料請求なら
保険比較の「保険市場」


 ただし注意したいのは満期になると養老保険の契約(主契約)そのものがなくなるため、特約として医療保障をつけている場合、その医療保障もなくなってしまいます。健康であれば医療保険に加入しなおせばいいのですが、病気をしてしまうと生命保険に加入するのが難しくなるので養老保険は主契約のみとして、別途医療保険に加入するなど対策が必要かもしれません。

 養老保険は加入した時期によってはお宝とも言える保険である場合があります。利率が非常に良かった時期(15年〜20年くらい前)に加入したものがそうである可能性があります。生命保険の切り替え・見直しの際には十分考慮のうえ決定されたほうがいいと思います。

 また、養老保険にも定額保険と変額保険があります。変額保険の場合、死亡保障は最低保障(契約時に定めた基本保険金額)がありますが満期で受け取る保険金や解約時の返戻金については最低保障はありません。(生命保険会社によっては最低保障を設けていることがあります)



保険の無料資料請求なら
posted by hiro at 12:04 | 生命保険の種類
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。