生命保険の種類・死亡保険について(終身)

 死亡保険の終身について書きます。

 終身は身が終わると書いていますから亡くなるまでずっと保障するというものです。言い換えるとその人の財産・遺産、または貯蓄とも考えられます。契約を続ける限り必ず受け取れるものだからです。(契約違反などがあると受け取れない場合があります)

 貯蓄性がありますから解約するとお金は戻ってきます。しかし全額戻ってくるわけではありません。これは生命保険であって預貯金ではないからです。

保険の無料資料請求なら
保険比較の「保険市場」


 死亡保険の定期と終身について簡単に考えました。それぞれの特徴をご理解いただけたと思っております。具体的に死亡保障を算出する際に考えられる要素については死亡保障の選び方のカテゴリーを参考にされてください。

 さらに付け加えると、受け取る保険金額(死亡保障)が決まっているものを定額保険、受け取る保険金額(死亡保障)が運用実績により変わるものを変額保険といいます。終身の死亡保障のなかには変額のものもあるので加入の際にはよく確認する必要があります。最低の保障金額(契約時に定めた基本保険金額)はあります。


保険の無料資料請求なら
posted by hiro at 15:34 | 生命保険の種類
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。