生命保険の種類・死亡保険について(高度障害)

死亡保険について書いていきます。死亡保険は被保険者(保険をかけられているひと)が亡くなったときに支払われるものですが、被保険者が生きていても支払われるケースがあります。それは高度障害になった場合です。

 高度障害は保険契約を締結する際に受け取る約款に載せられています。ある生命保険会社では対象となる高度障害状態は7つ規定されていました。死亡保険は亡くなった時だけ受け取れると勘違いされていることもあるようなので高度障害はどんな状態になったときにあてはまるのかしっかり把握されるようおすすめします。

保険の無料資料請求なら
保険比較の「保険市場」


 というのは高度障害で被保険者が生存している場合には治療費や生活費などがかかるからです。もちろん国民年金、厚生年金といった年金制度に加入していて、保険料を支払っていて、なおかつ条件にかなっていれば障害年金をうけとれますが、それだけでは生活は厳しいでしょう。ですから、死亡保険で必要額を用意しておくなら万が一の時に助けられるでしょう。

保険の無料資料請求なら
posted by hiro at 12:34 | 生命保険の種類
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。